金沙棋牌1991cc-手机版平台

どの家でも使う空気加湿器は、肺炎の張本人かもしれません。肺炎を避けるにはどうすればいいですか?

業界情報・2020-01-06 18:25:07

秋の冬になると、天気が乾燥し、スモッグが強くなり、淮安の王さんは家で24時間加湿器をつけていましたが、2歳の娘が咳を繰り返し、喘息の発作を起こし、医者に「加湿器肺炎」と診断されました。加湿器はもともと空気の湿度を増やして、乾燥した顔と喉の部分をもっと楽にしてください。なぜ肺炎を引き起こしますか?


01061.jpg


実は医者たちに「加湿器肺炎」と呼ばれる病気は、夏によくある「エアコン病」に似ています。有害な微生物が空気を通して体内の気道に入り、炎症を起こしたのです。「加湿器肺炎」は肺炎の一つの病気だけではなく、呼吸器系の一連の病気、例えば上部呼吸器感染(風邪)、気管支炎、喘息などを含みます。よくある症状は鼻づまりが強くなり、咳、痰、ぜんそく、発熱などです。


加湿器は「加湿器肺炎」を引き起こす可能性がありますが、加湿器自体ではなく、不適切な使い方をしています。


1、加湿時間が長すぎる


水は生命の源であり、ほこりや空気中に付着した細菌、ウイルス、部屋の各種の物品の表面に付着した微生物は、これは人間と同じで、適切な温度と湿度の下で生存することが好きで、一旦部屋の湿度が高くなると、微生物の繁殖力が強くなり、急速な成長繁殖に入ります。気候が乾燥している環境では、生存条件が相対的に悪く、各種の微生物は異なる形で休眠状態に入る。ですから、加湿器を24時間続けて使えば、空気の湿度が大きすぎて、いろいろな病気になる微生物が繁殖しやすくなります。正しいやり方は、加湿して2時間ごとにしばらく止まって、ドアや窓を開けて風を通して換気することを提案します。冬に最適な空気湿度は40%-60%で、部屋の中で同時に湿度計を用意して、部屋を適切な湿度範囲に保つことができます。加湿器は室内で地面から1メートルぐらいの高さに置いて、加湿器に適した湿度を生むのに役立ちます。


01062.jpg


2、加湿器の不注意洗浄


加湿器の水は動かない死水で、細菌を吸着して繁殖しやすいです。加湿器を通して菌を含む水煙になると、気道に吸い込まれやすくなり、免疫力の低い人は各種の気道疾患を引き起こしやすいです。正しいやり方:加湿器は清潔に保つことに注意して、普通は3日間ぐらい使って、加湿器に対して1回の徹底的な洗浄を行って、70度ぐらいのお湯で液体に浸すことができて、更に流水で繰り返し洗い流して、湿布で水垢を拭いて、加湿器の中の小さい溝も軽視することができなくて、きっときれいに掃除します。


01063.jpg


3、水質問題


悪い水質は加湿器を通して水煙を形成します。水の中の細菌、菌と化学物質は気道に吸い込まれるかもしれません。例えば水道水には漂白剤、ミネラル、大腸菌、真菌などが含まれています。一部の人は酢、板藍根、精油、香水、殺菌剤などが好きです。これらの薬や化学成分は肺に吸い込まれると鼻炎や喘息を招きやすくなります。正しいやり方:加湿器の中では純水または蒸留水を使ったほうがいいです。水道水を沸かして冷ましてから入れてもいいです。他のものを混ぜないでください。使用中は毎日水を換えてください。


01064.jpg


正しい加湿器を使うと、呼吸器疾患の発生確率が著しく減少します。家族は老人、子供、呼吸器疾患の患者がいます。正しい加湿器を使うことに注意してください。加湿器と関連する呼吸器疾患があれば、適時に病院の呼吸科を受診して、原因を調べてください。


Baidu
sogou